宗像市の不動産買取|令和地建株式会社 > 令和地建株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産買取に必要な費用や税金についてのまとめ

不動産買取に必要な費用や税金についてのまとめ

≪ 前へ|不動産売却時に発生する税金の種類を詳しく解説   記事一覧   ユニークな発明や発見で免疫力もUP!|次へ ≫

不動産買取に必要な費用や税金についてのまとめ

土地や建物などの物件を手放す方法として、もっともポピュラーなのは仲介です。
専門業者に依頼し、買い手を見つけてもらい売却する手法ですが、物件を売る方法はほかにもあることをご存知でしょうか。
それが、買取と呼ばれる手法です。
本記事では、不動産買取において発生する税や税金以外の費用、不要なコストなどについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産買取費用にかかる税金とは

不動産買取とは、専門業者に直接物件を買い取ってもらう方法です。
仲介のように買主を探す必要がないためスピーディに売却でき、すぐ現金化できることが魅力です。
この方法で物件を手放したときには、印紙税や登録免許税などの税が発生します。
また、売却により利益が出たときには、譲渡所得税も納めなくてはなりません。
印紙税は、契約金額によって金額が変わるため注意が必要です。
たとえば、契約金額が500万円超1,000万円以下なら印紙税は1万円ですが、契約金額が1億円超5億円以下なら印紙税は10万円もかかります。

不動産買取にかかる税金以外の費用

税以外に発生するコストとしては、印鑑証明書が挙げられます。
契約時に必要な書類であり、自治体の窓口で1通300円ほどで入手できます。
また、物件を登記している場所と、現在住んでいる住所が異なるケースでは、住民票も入手しなくてはなりません。
住民票も、1通300円程度です。
物件を引き渡す前には引っ越しもしなくてはならないので、引っ越し代が発生することも覚えておきましょう。
さらに、必要書類を紛失した場合、再発行しなければならず、数百円から数万円必要になることもあります。

不動産売却には必要で買取には不要な費用

一般的な仲介で売却するケースでは、仲介手数料が必要ですが、買取してもらうのなら不要です。
直接業者が買取してくれるスタイルなので、仲介の手間が発生しないからです。
また、通常の売却では、買い手を見つけるために広告を打つ必要もありますが、これも不要です。
買取をしてくれる業者自身が買主となるため、このようなプロモーション活動は必要ないのです。

まとめ

不動産を専門業者に買取してもらうときには、さまざまな税が発生し、税金以外に必要となるコストがあることを覚えておきましょう。
また、買取ならではのコストもあるため、注意が必要です。
仲介なら、買い手が見つかるまで自宅で暮らせますが、買取はすぐに取引が完了してしまうため、速やかに引っ越しもしなくてはなりません。
私たち令和地建は、宗像市を中心とした売買物件を取り扱っております。
不動産売却や購入についてご相談したいことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却時に発生する税金の種類を詳しく解説   記事一覧   ユニークな発明や発見で免疫力もUP!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る