宗像市の不動産買取|令和地建株式会社 > 令和地建株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の売却で現状渡しを考えたほうがよいケースを知っておこう!

不動産の売却で現状渡しを考えたほうがよいケースを知っておこう!

≪ 前へ|宗像市で買い物できるおすすめのショッピングセンター   記事一覧   不動産売却において気をつけたい心理的瑕疵とは?|次へ ≫
カテゴリ:不動産知識

不動産の売却で現状渡しを考えたほうがよいケースを知っておこう!

不動産の売却では、通常は修理すべき箇所を直してから売りに出します。
ただし場合によっては、不具合を直さずに売る「現状渡し」を選んだほうがよい可能性もあるのです。
そこで今回は不動産の売却を検討している方に向けて、現状渡しとはどのようなものなのか、内容やメリット・デメリットについてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却で現状渡しにしたほうがよいケースとは?

通常は、中古の不動産でも必要最小限の修繕をしたほうが、買主も見つかりやすいでしょう。
けれども築年数がだいぶ経っていて、不具合を直すと高額な費用がかかってしまうケースでは、そのまま売りに出すこともあります。
これを「現状渡し」といい、外壁・内装のはがれや設備の破損などがあっても手を付けずに売る方法です。
ただし、家具や家電などの荷物は売主が処分するケースが多いので、しっかりと対応しましょう。

不動産の売却で現状渡しを選択した際のメリットとは?

売主のメリットは、修繕にかかる費用や時間を節約できることです。
売却には通常でも時間がかかりますから、修繕してからとなると終了するのはだいぶ先になってしまうでしょう。
その点、現状渡しならすぐに売却活動を始められます。
また買主にも、不具合がある分安く買えるメリットがあります。
そして、自分好みにリフォームやリノベーションできることも魅力のひとつでしょう。

不動産の売却で現状渡しを選択した際のデメリットとは?

買主の「安く買える」メリットは、売主の「売却価格が安くなってしまう」デメリットにつながります。
ただ、もし修繕したとしても、その費用を売却価格に上乗せできない可能性もあるでしょう。
ですから修繕費が高額になりそうなら、修繕しないほうがよいとも考えられます。
また、注意したい点は契約不適合責任があること。
契約時に買主が知らされていなかった不具合が後から見つかると、その部分については売主の責任が問われてしまいます。
インスペクションを実施するなど、物件の状態をきちんと把握して、買主にしっかりと伝えるように気を付けましょう。
一方買主は、修繕しないと住めない物件が多いため、入居までに時間がかかることがデメリットです。
そのため、売るときは「時間をかけても自分好みにリフォームしたい」と考えている人をターゲットにするとよいでしょう。

まとめ

現状渡しを選択すると、修繕にかける時間や費用を節約できます。
ですから、築年数が古くて多くの修繕箇所がある物件の場合は、検討してみましょう。
リフォームやリノベーションすることを前提に物件を探している人にしっかりアピールすると、スムーズに売却できるかもしれませんね。
私たち令和地建は、宗像市を中心とした売買物件を取り扱っております。
不動産売却や購入についてご相談したいことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|宗像市で買い物できるおすすめのショッピングセンター   記事一覧   不動産売却において気をつけたい心理的瑕疵とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る