宗像市の不動産買取|令和地建株式会社 > 令和地建株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 冷たい風が吹き付ける週末☆近日公開予定の物件情報も併せてご紹介します!

冷たい風が吹き付ける週末☆近日公開予定の物件情報も併せてご紹介します!

≪ 前へ|買取チラシ必要性となぜチラシを出しているのかその理由について   記事一覧   不動産売却する前に分筆について知識を深めよう!|次へ ≫
カテゴリ:物件情報
急に初冬が来たような天気となりました、この週末。
強い冬型の気圧配置になり、北風ががっつりと入ってきましたね。
北海道ではもう雪が降ったそうで、ストーブもつき始めたそうです。

九州でも南の方はまだまだ暑さが残ってるそうですが、宗像市、福津市方面は、今日は朝から海沿いを中心に冷たい風がビュンビュンと吹いておりました。

さて、先日も午前中の休みを利用しまして、宗像市大島の方へ、釣りに行って参りました。

以前と同様、神湊から瀬渡し船「幸栄丸」に乗りまして、一路、大島周りの磯へ。

これ、写真撮るのなかなか恥ずかしいんです(T . T)
と申しますのも、同乗してる方々は普段から通ってるような方や、数十年通ってるような方ばかりなので、自分が一人で写真を撮ってると、一人ではしゃいでるような感じになってしまいまして…(u_u);;

なので割とササっと撮らせて頂きました、貴重な写真でございますm(_ _)m
誰かと一緒であればまだ撮りやすいんですけどね。。

この日は天気が良く、空気も澄み切ってたせいか、航路の途中、神宿る島「沖ノ島」が見えました!



写真だとわかりづらいですが、真ん中の方に見えますでしょうか。
もっと空気が澄み切っていれば本土からでも見えたと思いますが、何せ60kmぐらい距離が離れておりますからね。
船でも1時間以上かかるそうですが、釣りができるポイントも多いので、いつか行ってみたいと思ってます。

大島の磯はこんな感じ↓↓


置き去りにされ、6時間後ぐらいに迎えに来てくれます。

ほとんどピクニック感覚で釣りを楽しめますので、ご興味のある方は是非٩( 'ω' )و


弊社へのお問い合わせはこちら



次の注目物件は!?


現在弊社では、中古住宅は「宗像市城西ヶ丘三丁目」北九州市八幡西区楠橋西二丁目」福津市若木台二丁目」の3件を中心に取り扱っておりますが、近々ちょっと変わった物件が売り出し予定となってます。


場所は宗像市池田。
池田と言うと玄海地域になりますので、平成25年に市街化調整区域に編入されました。
市街化調整区域となると、事前に「造成工事の届出」というものを出さない限り、家が建てられない(自己用のものはOK)土地になってしまいます。
ただ、編入時(玄海地域は平成25年)にすでに建物が建っていた場合は、同一規模同一用途であれば、建築可能です。

そんな市街化調整区域内で、今回ご紹介するのは、「工場兼事務所」。


まだ公開前なので写真のみですが、土地の面積はかなり広く、敷地内に強固そうな建物や付属屋、大きな倉庫などが建っておりますので、
建て替える際も同じような大きさと用途であれば、再建築可能です!

この辺り、海も近く、自然に囲まれた場所で、近隣に今以上に建物が立つ可能性がほぼゼロに近いので、色々な用途に使うことが
できそうですね!
近々公開しますので、お楽しみに♪( ´θ`)ノ

≪ 前へ|買取チラシ必要性となぜチラシを出しているのかその理由について   記事一覧   不動産売却する前に分筆について知識を深めよう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

薙野 秀貴 最新記事



薙野 秀貴

インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な情報、そしてアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和に変わり、様々な面での様式の変化が日々起こる新しい時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良きエージェント」「良き相談相手」としてご認識いただける様、努力して参りたいと思っております。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る