宗像市の不動産買取|令和地建株式会社 > 令和地建株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の売却で按分が必要になる場合と注意点について

不動産の売却で按分が必要になる場合と注意点について

≪ 前へ|不動産売却における火災保険解約のタイミングとは   記事一覧   収納力バツグン!福津市若木台に新着の中古住宅です☆|次へ ≫

不動産の売却で按分が必要になる場合と注意点について

不動産を売却することになると、やるべきことがいろいろ出てきます。
そのなかの一つである按分は、いくつかの方法がありますので慎重に選ぶことが必要になります。
ここでは、按分するさいの注意点などについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却で按分が必要になる場合とは

不動産の売却には、土地を扱ったり住宅などの建物を扱ったりすることがあります。
そのなかで、土地と建物を一緒に売ることもありますが、この場合に必要になるのが「按分」です。
どれくらい土地がしめるのか、どれくらい建物がしめているのか、その割合を出すのが目的で、これによっていろいろなことが変わってきますので、慎重におこなうことが注意点となります。
たとえば、この割合によって消費税も異なってきます。
土地と建物の両方を合わせて売る場合、消費税が課税されるのは建物だけなので、割合によって消費税にも影響してくるのです。

不動産の売却で按分はどのような方法でおこなうのか

方法は複数ありますので、自分が良いと思うやり方を選んで進めていくことができます。
固定資産税の評価額における比率で決めていく方法もあり、全体的に見るとこのやり方で進める方が多いようです。
また、その道のプロである不動産鑑定士にお願いする方法もあります。
費用が高額になりやすいのがデメリットではありますが、合理的なやり方でもありますので、しっかり判断したいとお考えの方は検討してみてはいかがでしょうか。
ほかにも、売る人と買う人の間で相談して決めることもできます。
しかしながら、あとでトラブルになりやすいという心配もありますので、このやり方で按分する方はよく話し合いをおこなった上で、慎重に決めていくことが必要になります。

不動産の売却で按分するときの注意点とは

不動産を売りたい人も買いたい人も、少しでも良い条件で進めていきたいのは同じです。
そのため、どちらか一人だけがプラスになってしまうような進め方は避けなければなりません。
あくまでも、両者がプラスであると思えるように進めていくことが注意点です。
気持ち良く売買できるよう、相手のことを考えながら気持ちが良い進め方をしましょう。

まとめ

不動産売却の按分とは、土地と建物それぞれがどれくらいの割合なのかを決めることです。
やり方も複数ありますので、良いと思うものを選び進めていきましょう。
注意点は、両者がプラスになるように決めることです。
一方だけが得をするような決め方は避けましょう。
私たち令和地建は、宗像市を中心とした売買物件を取り扱っております。
不動産売却や購入についてご相談したいことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却における火災保険解約のタイミングとは   記事一覧   収納力バツグン!福津市若木台に新着の中古住宅です☆|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

薙野 秀貴 最新記事



薙野 秀貴

インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な情報、そしてアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和に変わり、様々な面での様式の変化が日々起こる新しい時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良きエージェント」「良き相談相手」としてご認識いただける様、努力して参りたいと思っております。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る