宗像市の不動産買取|令和地建株式会社 > 令和地建株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 買取査定を依頼する場合の方法と算出の基準を解説

買取査定を依頼する場合の方法と算出の基準を解説

≪ 前へ|不動産の売却が長引く原因とは?スムーズに売る対処法もご紹介!   記事一覧   宗像市、岡垣町方面は本格的な釣りシーズン到来!?|次へ ≫

買取査定を依頼する場合の方法と算出の基準を解説

所有している不動産の買取を依頼したいと検討している場合、気になるのはどのくらいの価格が付くかということです。
査定の方法や、基準についてご紹介いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の買取に伴う査定方法とは

買取の依頼を検討していて、不動産会社に価値を鑑定してもらいたいと考えた場合、2つの方法があります。
それぞれについて見ていきましょう。

机上査定

机上査定は、不動産会社に対象となる不動産の情報を伝えることで、おおよその金額を算出してもらいます。
物件の場所や広さ、築年数などを伝えると、不動産会社は、実際の取引事例や公示価格などを基におおまかな金額を算出します。
不動産会社に実際に物件を見てもらわなくても算出できるため、簡易査定とも呼ばれています。
早ければ当日から3日ほどで算出できます。
すぐに金額を知りたい、おおまかな目安を知っておきたいという場合に便利です。

訪問査定

訪問査定とは、不動産会社の担当者が実際に物件の所在地に訪問する方法です。
土地の場合は地形や道路の状況、住環境、日当たりなど、図面では分からない情報を見ています。
マンションの場合は、眺望や設備などの他、建物の構造や共用部分の状態、管理の状態なども含めてチェックしています。
状態を直接見て細かくチェックすることで、売り出し価格に近い価格を算出することができます。

買取査定で使われる3つの基準とは

買取査定をおこなう場合、以下の3つの基準が主に使われています。
それぞれの基準について、詳しく見ていきましょう。

取引事例比較法

取引事例比較法とは、対象となる不動産と同じような規模、似たような条件で取引された事例を探します。
そして、事例の取引価格を基にして価格を出します。
その取引価格に、対象となる物件の条件や環境などを差し引いて、算出していきます。
土地やマンションで広く使われています。

原価法

原価法とは、対象となる不動産に、住宅など新しく建物を建築することを想定して算出される方法です。
一戸建てによく使われている方法です。
建築のための費用から、築年数分の価値や、残存の価値などを考慮して計算をします。
不動産会社によって、建築費用などの基準が異なるため算出される金額に差が出ます。

収益還元法

収益還元法とは、対象となる不動産がどのくらいの利益をもたらすことになるか、という将来の収益を基に算出される方法です。
主に、収益目的の不動産において使われる鑑定方法です。

まとめ

不動産の買取を依頼したいと思ったら、まず査定を依頼しましょう。
査定の方法として、簡易査定と訪問査定があります。
また価格を算出する方法は主に3つの種類があります。
種類や方法を知っておくことで、納得のゆく取引をおこなうことができます。
私たち令和地建は、宗像市を中心とした売買物件を取り扱っております。
不動産売却や購入についてご相談したいことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産の売却が長引く原因とは?スムーズに売る対処法もご紹介!   記事一覧   宗像市、岡垣町方面は本格的な釣りシーズン到来!?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る