宗像市の不動産買取|令和地建株式会社 > 令和地建株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却したい物件が遠方にある場合どうするべき?

不動産売却したい物件が遠方にある場合どうするべき?

≪ 前へ|ユニークな発明や発見で免疫力もUP!   記事一覧   ふるさと納税とはどんなもの?宗像市でもらえる返礼品とは|次へ ≫

不動産売却したい物件が遠方にある場合どうするべき?

何らかの理由で、売却を検討している土地や建物が遠くにある方もいるでしょう。
この場合、どのような流れで進めていけば良いのでしょうか。
ここでは、遠くにある不動産を売りたい場合の方法や注意点などについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却したい物件が遠方にある場合

住んでいる場所から離れたところにある土地や、親から受け継いでいる物件など、遠方にある土地や建物を売却したい場合、その場に足を運ぶことなく売ることも可能です。
司法書士を通して、売却を進めることもできます。
司法書士はその道のプロなので、現地立ち会い、不動産登記、契約書類などの作成や提出などを依頼することができます。
また、郵送などで買い手、売り手、不動産会社の間で、売買契約書をやりとりしながら進める方法もあり、これを「持ち回り契約」といいます。
ほかにも、信頼できる親戚や友人などがいるなら、代理契約も可能です。
ただし、本当に信頼できる人でなければ不安なので、依頼する人は良く考えて選ぶことをおすすめします。

不動産売却したい物件が遠方にある場合の注意点とは

売却する方はいくつかあるので可能ですが、注意点もあります。
なかでも、不動産会社選びはとくに大切です。
これは、物件がある場所に関わらず、注意しておきたいポイントです。
現地に足を運ぶことが難しい物件を任せるので、セキュリティに力を入れていることと、
また、契約にはいくつかの種類があるのですが、遠方にあるものを売りたいときは、営業報告をしっかりすることが義務でもある「専任媒介契約」を選びましょう。
遠くにある現地まで足を運ぶのは大変なことかもしれませんが、可能な限り現地に足を運んだ方が安心です。
売却する前に不動産の状態を確認したり、契約や引き渡しするさいは、できるだけ現地に行くほうが良いですし、依頼する不動産会社とも一度会ってから契約するほうが安心です。

不動産売却したい物件が遠方にある場合どのような流れで進めるのか

売りたい建物や土地が、近くににある場合でも遠方にある場合でも、基本的には同じ流れで売ることになります。
査定をおこない、不動産会社と契約を交わして、売却活動をスタートします。
買い手が見つかったら、契約、引き渡しといった流れになっています。

まとめ

遠くにある土地や建物を売却する場合、いくつか方法がありますので、自分が良いと思う方法で進めていきましょう。
近場の土地や建物を売るときと同じ流れで進めていきますが、信頼できる不動産会社を選ぶことは大切です。
また、なかなか現地まで足を運ぶことができなくても、売る前、契約、引き渡しは現地でおこなった方が安心です。
私たち令和地建は、宗像市を中心とした売買物件を取り扱っております。
不動産売却や購入についてご相談したいことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ユニークな発明や発見で免疫力もUP!   記事一覧   ふるさと納税とはどんなもの?宗像市でもらえる返礼品とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る