宗像市の不動産買取|令和地建株式会社 > 令和地建 株式会社 本店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の購入でオーバーローンを利用する際の注意点

不動産の購入でオーバーローンを利用する際の注意点

≪ 前へ|「分譲マンション」とは?設備や安全面など購入メリットも多数!   記事一覧   東福間駅すぐそばの「イースト福間ステーションガーデン(3LDK)」をご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:不動産知識

不動産の購入でオーバーローンを利用する際の注意点

不動産を購入する際に、高額な物件代金を一括払いできるケースは少ないでしょう。
通常は住宅ローンを利用しますが、その際は「オーバーローン」についても理解しておくことがおすすめです。
今回は不動産の購入を検討している方に向けて、オーバーローンとは何か、リスクや注意点などについてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の購入で知っておきたい「オーバーローン」とは?

不動産の購入におけるオーバーローンとは、物件の価格よりも多くのお金を借りることです。
住宅ローンは住宅を購入するためのローンなので、物件の代金だけを借りることが一般的です。
ただ購入の際は、物件の代金の他にも諸費用を支払う必要があります。
諸費用には不動産取得税・印紙税などの税金や、火災保険料・仲介手数料などのさまざまな種類があり、物件価格の6~10%ほどかかるといわれています。
たとえば4,000万円の物件だと、240万~400万円が目安の金額です。
このように安い金額ではありませんから、支払いが難しいこともあるでしょう。
そのようなときにオーバーローンを利用すると、物件代金に加えて諸費用も借りられるのです。

オーバーローンを利用して不動産を購入する際のリスクとは?

資金が足りないときには便利な方法ですが、リスクもあります。
それは、住宅ローンが多く残っている状態だと、売却が難しいことです。
住宅ローンが残っている不動産を売る際は、売却金額で完済する必要があります。
けれども、諸費用も借りている場合は、売却金額で諸費用の分が賄えない可能性があるのです。
完済できないと、売却自体が不可能になってしまいますから、このようなリスクがあることを覚えておきましょう。

不動産を購入するときに便利なオーバーローン!利用する際の注意点は?

上記のリスクに加えて、注意点もあります。
それは、住宅の購入に使う以外の目的でお金を借りないこと。
住宅ローンは、他のローンに比べて金利が低めに設定されていますから、お金を多めに借りたくなってしまうかもしれません。
けれども、住宅の購入以外に使うお金を借りてしまうと、契約違反になってしまいますから気を付けましょう。
また金融機関によっては、諸費用の分は別枠扱いとなり、金利が高めの場合もあります。
ですから利用を考えているときは、事前に内容を確認しておきましょう。

まとめ

住宅の購入には、物件価格の他にも諸費用が必要です。
大きな金額ですから、もし支払いが難しいときは、オーバーローンも検討してみましょう。
ただしリスクや注意点もありますから、しっかりと理解したうえで利用することが大切です。
私たち令和地建は、宗像市を中心とした売買物件を取り扱っております。
不動産売却や購入についてご相談したいことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|「分譲マンション」とは?設備や安全面など購入メリットも多数!   記事一覧   東福間駅すぐそばの「イースト福間ステーションガーデン(3LDK)」をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る