宗像市の不動産買取|令和地建株式会社 > 令和地建 株式会社 本店のスタッフブログ記事一覧 > Amzon爆売りの背景で

Amzon爆売りの背景で

≪ 前へ|福岡市動植物園へ   記事一覧   民法改正 〜危険負担〜|次へ ≫
カテゴリ:地域情報

Amzon爆売りの背景で

今日は朝から社用車の洗車と銀行の打ち合わせでバタついてました。

日経平均は¥17000超でスタートしてるようです。

銀行の方に伺ったのですが、宗像市福津市周辺での不動産取引は、やはりそこまで影響はしてないとのことでした。

東京都心では飲食小売業は一部、売り上げが前年比で「70%以上の落ち込み」だそうですが、やはり地方によって影響の差はあるようです。

ちなみにAmazonは爆売中らしく、10万人の雇用増大だとか。。

その売り上げが国内で回るならいいのですが、Amazonの仕組みは

元業者→Amazonが買い取る→消費者へ売る

買い取る金額はまとめ買いで倉庫保管料や物流代も含み、そこに人件費と利益も乗るので、相場より当然安くなります。消費者が「買う」金額も、若干安く、プライム会員なら特定の商品は配送無料です。元業者は安くても売れないよりはまし、在庫を抱えるよりはまし、ということで、相場よりかなり安い金額でAmzonに売る、方法を取らざるをえないのですね。

このシステムは10年近く前から大規模倉庫を作るなどの準備(投資)をして作り上げられたものなので、真似るのもそう簡単ではない。最近楽天が独禁法のことでニュースになってますが、そもそも突貫工事では太刀打ちできないでしょう。

このAmazon爆売りの利益は、もちろん海外へ流出してしまいます(もちろん全部ではありませんが)。

そこに来てこの「コロナショック」で外出を控える方が多くなると、日本の普通の小売は当然失速します。その失速した分の利益はもちろん海外へ

そこで私は地元でお金を使おうではないか!という気になり、昨日「福岡動物園」に行って参ったのです。→詳しくはこちら

Amzon爆売りの背景で、可愛い動物ちゃんに会うことができた、というわけでした。

詳しくは後ほどブログにて。。。


≪ 前へ|福岡市動植物園へ   記事一覧   民法改正 〜危険負担〜|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る