宗像市の不動産買取|令和地建株式会社 > 令和地建 株式会社 本店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却を住みながらおこなうことは可能?メリットとデメリットを解説!

不動産売却を住みながらおこなうことは可能?メリットとデメリットを解説!

≪ 前へ|ローン減免制度とは?メリットや申し込み方法が知りたい!    記事一覧   福津市勝浦海岸が一望できるイタリアン♫|次へ ≫
カテゴリ:不動産知識

不動産売却を住みながらおこなうことは可能?メリットとデメリットを解説!

不動産売却は「引っ越しが完了して空き家になってから」だと思っている方が意外と多いのではないでしょうか。
住みながら不動産を売却することは可能ですし、メリットも多いですよ。
そこで今回は、不動産の売却を検討している方に向けて、不動産売却を住みながらおこなう方法について解説します。
メリットとデメリットもお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却を住みながらおこなう方法とは?

住みながら売却したい場合、新築物件と同じように内覧希望者を受け入れることが、売却を成功させるために有効な方法だと言えるでしょう。
内覧の際には、訪れた人に良い印象を持ってもらうことが大切です。
たとえばしっかりと部屋を掃除して、きれいに片付けておくことや、水回りのカビや臭いを除去しておくなど、内覧者を迎え入れる準備をしましょう。
当日は丁寧に応対し、家の良いところをアピールしてくださいね。

不動産売却を住みながらおこなうメリットとは?

不動産に住みながらおこなう売却には、どのようなメリットがあるのでしょうか。
住み替えを検討する際、まず新居を購入し、現在住んでいる家を空っぽにしてから売却しようと考える方がいらっしゃるかもしれません。
この場合、新居購入のための費用や引っ越し代を準備しなければなりませんし、古い家を維持する費用もかかるため、無駄な出費がかさむ可能性があります。
家に住みながらですと、売却で手に入れたお金で、新居を購入できる点が大きなメリットで、先に家を購入する方法よりも安く済むのです。
また家の魅力を内覧時にアピールできる点もメリットの一つですよ。

不動産売却を住みながらおこなうデメリットとは?

ここでデメリットもいくつかお伝えしますので、注意点として頭に入れておいてくださいね。
住みながら内覧者を受け入れるので、どうしても生活感が出てしまいます。
生活雑貨が見えてしまったり、食事の臭いが残っていたりすると、購入したいという意欲が下がってしまいます。
きれいにクリーニングした後の空き家と比べると、売れにくい点がデメリットでしょう。
また内覧希望者は週末に来ることが多いですし、問い合わせがあった場合は、できるだけ都合を合わせて迎えたいものです。
売却期間中は、急な内覧に応じるためにも、ご自身の予定を空けておくことをおすすめします。

まとめ

不動産売却を住みながらおこなうことは、生活感を出さない工夫や内覧者の応対などに負担を感じることがあるかもしれません。
しかし売却で得たお金を新居の購入に使えるという大きなメリットがあります。
不動産の売却を考えている方は、ぜひこの記事を参考にして、住みながらの売却を検討してみてくださいね。
私たち令和地建は、宗像市を中心とした売買物件を取り扱っております。
不動産売却や購入についてご相談したいことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ローン減免制度とは?メリットや申し込み方法が知りたい!    記事一覧   福津市勝浦海岸が一望できるイタリアン♫|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る