宗像市の不動産買取|令和地建株式会社 > 令和地建株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 内覧や売買契約は重要ポイント!不動産購入までの流れと注意点

内覧や売買契約は重要ポイント!不動産購入までの流れと注意点

≪ 前へ|売れにくいって本当?田舎の土地をうまく売却する方法を知りたい!   記事一覧   不動産売却にかかる期間と全体の流れとは?準備は余裕を持って進めよう|次へ ≫
カテゴリ:不動産知識

内覧や売買契約は重要ポイント!不動産購入までの流れと注意点

不動産を購入するまでには、いろいろな作業や手続きをおこなう必要があります。
それらをスムーズに進めていくためにも、まずは全体の流れを正しく理解しておくことが大切です。
そこで今回は、これから不動産の購入を予定している方に向けて、不動産を購入するまでの流れや注意点、そして内覧や売買契約といったステップについてもご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入までの流れと知っておきたい注意点

不動産購入への最初のステップは、物件の相場価格を知るための情報収集です。
インターネットなどを利用して、希望条件の不動産がどの程度の価格で売買されているのかを把握しましょう。
続いて、気になる物件が見つかったら不動産会社を通して内覧を申し込むという流れです。
内覧をして購入の意志がかたまったら、「購入したい」という意思表示である購入申し込みをおこないます。
これで購入が決定するわけではなく、購入申し込みは「購入したい」という意思表示であり、まだ交渉をスタートする段階の手続きなので注意しましょう。
一般的には、購入申し込みと同じタイミングで住宅ローンの事前審査を受けます。
その際の注意点としては、審査に通らなければ話が進まなくなってしまうので、無理のない返済計画を立てるということです。
事前審査の通過後、不動産の価格や引き渡し日などを含む契約内容に買い手、売り手ともに同意したら売買契約を結びます。
その後、住宅ローンの本審査を無事に通過したら物件の支払いをすませ、物件の引き渡しという流れです。

不動産購入の流れのなかでも内覧は重要ポイント

購入する不動産を検討するうえで、内覧はとても重要な意味を持っています。
日当たりや風通し、下水の臭い、ドアのたてつけ、聞こえてくる騒音など、実際に訪れなければわからない部分をしっかりチェックしておきましょう。
また、マンションや集合住宅の場合は室内だけでなく、エントランスや駐輪所などの共有部分も管理状況を判断するうえで大切なポイントです。
清掃状態や監視カメラの有無なども忘れずに確認しておきましょう。
購入する不動産が決まったら!売買契約の流れとポイント
売買契約は、締結したら簡単に解除できるものではありません。
その点を理解したうえで、「重要事項の説明」や「契約条件の交渉」などに臨みましょう。
契約の際には、本人確認書類や印鑑などのほか、手付金(売買価格の5~10パーセント程度)や仲介手数料の残額費用も必要になります。
一般的に、売買契約後に買い手の都合で契約を破棄した場合、手付金は解約手付として放棄することになるので注意しましょう。

まとめ

多くの方にとって不動産とは、人生でもっとも大きな買い物になります。
そんな大切な買い物で後悔しないためにも、不動産購入までの流れはしっかりと把握しておきましょう。
不動産会社の担当者とも相談しつつ、納得のいく不動産を購入してくださいね。
私たち令和地建は、宗像市を中心とした売買物件を取り扱っております。
不動産売却や購入についてご相談したいことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|売れにくいって本当?田舎の土地をうまく売却する方法を知りたい!   記事一覧   不動産売却にかかる期間と全体の流れとは?準備は余裕を持って進めよう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る